ねずみ講


ねずみ講とは、次々と会員を勧誘することで新規会員からの金銭が配当されるピラミッド型組織です。
ここで、間違えやすいのは、ねずみ講とマルチ商法が似ているようで、だいぶ異なっています。
異なる点は、きちんとした商品が介在しない点です。
ねずみ講は法律で禁止されています。
組織の開設、運営、勧誘も一切違法です。
悪徳商法と言うよりも、完全に犯罪です。
開設者も、参加した人も罰せられます。
罰則は、最初に始めた人(運営していた人)は、3年以下の懲役又は、3百万以下の罰金、併用の場合もあります。
業として、加入を勧誘した人は1年以下の懲役又は、30万円の罰金。
加入を勧誘しただけの人でも、20万円以下の罰金になります。

なので、業者はねずみ講とバレにくい様に、”商品らしきもの”を介在させるケースがあります。
商品らしき物の区分けとしては、その商品に商品価値があるかないかが最大のポイントになります。
ねずみ講とマルチ商法の違いは
『報酬が会員が商品を購入した費用から出ている』
『商品購入から発生しているように見せかけているだけで、実際は違う』
という点です。
簡単に言うと、ねずみ講には商品がなく、マルチ商法には商品がないとダメ!と言うことです。

被害者はやはり学生が多いみたいだ。
やっぱり、無知という事。
社会経験が未熟とでの言うのだろうか…?

甘い話に乗ってしまい、犯罪の片棒を担がないように、気をつけてほしい。
気づいたらねずみ講をやっていたとなると、大変なことになる。
騙されただけではなく、犯罪に手を染めるようでは、今後が心配になってしまう。
初期費用として消費者金融でお金を借りて、後に残るのは借金や、友達を勧誘してしまい、ねずみ講の被害にあわせてしまった友達…。
被害はこんなところまであるのだ。